レディー

元気な肌になるには保湿を行うことが重要となる

肌に届ける技術から

顔を洗う人

浸透テクノロジーを提案しており、真剣にスキンケアに挑む方々から受け入れられているのがビーグレンです。そんなビーグレンでは、スキンケアの最後に用いるゲルやクリームを発表しています。生まれ変わるときのリズムを保ったり、肌に水分をとどめたりする効果を得られます。

もっと見る

目を大きく見せる方法

コスメ

まつげを増やす方法にはエクステンションなどがありますが、自分のまつげを増やして伸ばすことで増やすことも可能です。まつげを自力で増やすには専用の美容液を利用します。専用の美容液はマスカラの下地としても使うことができ、まつ毛に負担をかけないようにもできるのです。

もっと見る

乾きをストップするには

化粧品

肌の水分量の不足、乾燥肌はだれにでも起こることです。乾きをストップしてみずみずしい肌を作るには、正しいスキンケアが必要です。、毎日のお手入れを変えるだけで水分量がアップします。今日からすぐに始めることができます。

もっと見る

潤いのある肌を保つ方法

スキンケア

適量を意識する

肌の状態は若さという面での印象に大きく影響しています。また、年齢の印象にも大きく影響しているため、年相応や実年齢よりも若く見られたいのであれば保湿について十分に考える必要があります。保湿されている状態の肌は水分量が適切でハリが生まれます。そのため、年相応や実年齢よりも若く見られることが可能となります。保湿をする際に化粧品を使用する場合は適量を意識することが大切です。肌の水分量を維持するために化粧品を多く使用するという考え方は適切とは言えません。なぜなら、使用量が多くなると逆にベタつきが発生するからです。そのため、脂性肌の場合は量を減らし、乾燥肌の場合は推奨されている量より少し増やすことで適度な保湿となります。

肌質を考えて使用する

化粧水や乳液、美容液などの化粧品を使用すれば保湿が可能となり、潤いのある肌を作ったり、維持したりなどが可能となります。ただし、使用する時は肌質を考えることが重要です。肌質に合わない化粧品を使用してしまうと、過度な保湿や保湿不足という状況となります。ですから、肌のために化粧品を使用する場合は必ず肌質に合うことを第一に考えて選ぶ必要があります。肌質には脂性肌や乾燥肌などがあり、まずは自身の肌質をしっかりと把握することから始めます。乾燥肌であれば保湿力の高い化粧品を使用したり、化粧品を多めに使用したりなどが効果的です。また、脂性肌の場合はしっとりではなくさっぱりする感覚の化粧品を使用することで保湿が十分な肌となります。