乾きをストップするには|潤いのある肌を保つには保湿を行うことが重要|適量を意識する
ウーマン

潤いのある肌を保つには保湿を行うことが重要|適量を意識する

乾きをストップするには

化粧品

刺激が少ない優しい商品を

乾燥肌になると、バリア機能が低下してクレンジングや洗顔をすると、潤いが外に出やすくなります。外からの刺激を受けやすくなるので肌荒れや、紫外線の影響を受けます。油性のメイクを落とすクレンジングは、界面活性剤が入っているので皮脂のバランスが悪くなります。乾燥肌を防ぐには刺激が弱いクレンジングタイプを選びましょう。コットンやティッシュで使うふき取りタイプは、肌の負担になるので避けましょう。スクラブ洗顔も刺激が多いです。ミルクタイプやクリームタイプを使いごしごしこするのではなく、肌になじませるように使いしっかりと洗い流しましょう。その後の洗顔料はシンプルな固形石鹸を使い、しっかりと泡立てて使いましょう。

保湿効果が高い成分

乾燥肌のお手入れは、保湿効果が高い成分が入っている商品を選びます。化粧水だけでは保湿対策は万全ではありません。美容液を必ず使うことが必要です。セラミドは水分を包み込んでキープしてくれる働きがあります。年齢とともに減ってくるので肌に取り入れることが必要です。アミノ酸やヒアルロン酸は、肌がみずから生み出す保湿成分です。化粧品でも使いたい成分です。乾燥肌を防ぐには紫外線対策も必要です。紫外線は活性酸素を増やして肌の老化を促進します。水分も蒸発しやすいです。日焼け対策に効果があるビタミンc誘導体成分が入った化粧品を使いましょう。ビタミンcを浸透しやすくしています。抗酸化作用があり肌が元気になります。毎日継続しましょう。